ダイニングテーブルの再塗装。

この度、ダイニングテーブルの再塗装のご依頼を頂きました。
ご購入から30年近く経っているとの事です。
国内メーカー製の国産家具なので、素材もしっかりしています。
素材は、ブナ材の集成材です。
集成材といえども無垢材なので、十分修理可能です。
先ずは、溶剤で表面の油汚れを落としていきます。
その次の工程は、塗装をめくっていきます。
ワイドサンダーなどの機械がないので基本手作業です。
この塗装をめくるのが結構大変な作業です。
油汚れの影響で、塗装が軟化していてなかなかめくれません。
また、均一に平坦にめくっていきます。
白い粉がたくさん出ます。
最初は、荒目のサンダーで削り落としていきます。
かなりめくれてきました。でも、まだムラがあります。
ここからが勝負。
塗装は、下地がすべてです。
丁寧に、根気よく進めていきます。
木口の処理もおおむね終わりました。
ここから素地調整で、サンダーの番手を120→240→320と上げていきます。

今日の作業はここまで。

素地調整後、素地着色と目止め作業になります。

次回に続く!
営業日のご案内
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です