板座のダイニングチェアを修理しました。

飛騨産業のウィンザーチェアの修理のご用命をいただきました。

ご購入から30年近く経っている椅子です。

飛騨産業では、メーカー修理も受けてくれますが今回は、コマツヤ家具にて修理する事に

なりました。

座面の接ぎの部分が割れてしましました。

この部分を修理していきます。

先ずは、接着材を塗っていきます。

そして、ハタガネで圧力をかけて固定します。これが大切です。

この時、上下・前後にズレないように注意して締めていきます。

この状態で24時間固定しておきます。

多少の凹凸がありますので、サンダーで研磨してフラットに仕上ます。

そして、色合わせして着色し、仕上塗装を施します。

乾燥させて出来上がりです。裏面にも補強桟をいれました。
営業日のご案内
by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です